天気予報を見る
 
新聞購読申込

WADA、第三者委員会を設置/ドーピング疑惑、来年から調査へ

2014/12/17 01:23

 【ロンドン共同】世界反ドーピング機関(WADA)は16日、ロシアの組織的なドーピング疑惑がドイツの公共放送で報じられた件で、パウンド元委員長を責任者とした第三者委員会を設置して来年1月から本格的に調査すると発表した。スポーツ仲裁の専門家もメンバーに入る。

 この問題はシカゴ・マラソンを3連覇した女子のリリア・ショブホワらが国を挙げた薬物違反の実態を証言。金銭授受や国際陸連関係者の関与も取り沙汰された。国際陸連のディアク会長は同日、WADAの第三者委員会と調査を全面支援する声明を出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.