天気予報を見る
 
新聞購読申込

学生野球の資格回復研修会を開催/伊原、荒木氏ら147人が受講

2014/12/13 19:01

 プロ野球経験者が学生野球の指導者になるためのアマチュア側研修会が13日、東京都内で始まり、前西武監督の伊原春樹氏らプロ側の研修を済ませた147人が受講した。

 学生野球憲章の基本原則や体罰の禁止について約7時間、講義を受けた。伊原氏は「(指導資格を)持っていれば何らかの形で力になれる」と感想を述べた。早実高のエースとして甲子園を沸かせた元ヤクルトの荒木大輔氏は「最近の高校野球は週1回の休みを取っている。休養もしっかり考えたい」と話した。

 昨年、プロ経験者がプロ、アマ双方の研修を受けることで高校、大学での指導資格を回復できる制度が始まった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.