天気予報を見る
 
新聞購読申込

スピードスケートで小平が2位/W杯第4戦女子500メートル

2014/12/13 05:26

 女子500メートルで2位に入り声援に応える小平奈緒=ヘーレンフェイン(ロイター共同)
 女子500メートルで2位に入り声援に応える小平奈緒=ヘーレンフェイン(ロイター共同)

 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦は12日、オランダのヘーレンフェインで開幕し、女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が37秒70で、優勝した李相花(韓国)と0秒01差の2位に入った。今季はW杯初優勝を含め7レースで6度目の表彰台。辻麻希(開西病院)が12位、住吉都(ローソン)は13位だった。

 男子500メートルは羽賀亮平(日本電産サンキョー)が35秒23で6位、長島圭一郎(日本電産サンキョー)が35秒34で11位だった。パベル・クリズニコフ(ロシア)が34秒63で優勝した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.