天気予報を見る
 
新聞購読申込

バスケ問題、事務総長が来日へ/16日から関係機関と協議

2014/12/12 22:31

 日本バスケットボール協会に無期限の国際試合禁止処分を科した国際連盟(FIBA)のバウマン事務総長が、日本国内に男子リーグが二つある問題などの解決に向けて関係機関と協議するため、16日から3日間の日程で来日することが12日、関係者の話で分かった。下村博文文部科学相や日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長らと会談する方向で調整が続いている。

 FIBAは、日本協会が男子のナショナルリーグ(NBL)とTKbjリーグを統合できないのは国内統括団体として機能していないためだとし、タスクフォース(特別チーム)を設立して協会運営を指導する方針を示している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.