天気予報を見る
 
新聞購読申込

国際陸連、3人職務停止/ロシアのドーピング疑惑で

2014/12/11 22:43

 【ロンドン共同】ロシアの組織的なドーピング疑惑がドイツの公共放送で報じられた問題で、国際陸連(IAAF)がマーケティング関連の役職に就くディアク会長の息子ら3人の関係者を調査終了まで職務停止にしたことが11日、分かった。英PA通信が伝えた。IAAFで財務担当を務めるロシア陸連のバラフニチェフ会長も含まれている。

 番組では陸上女子でシカゴ・マラソン3連覇のリリア・ショブホワが陽性反応を示したデータを隠してロンドン五輪に出るため、45万ユーロ(約6600万円)をロシア陸連幹部に支払ったとする証言が紹介された。IAAF関係者も関与したとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.