天気予報を見る
 
新聞購読申込

JRA、競走馬から禁止薬物/21年ぶり

2014/12/10 19:04

 日本中央競馬会(JRA)は10日、千葉県の中山競馬場で7日に行われた第6レースの新馬戦で1着となったピンクブーケ(2歳牝馬、小西一男厩舎)の検体から禁止薬物のカフェインが検出されたと発表した。JRAで禁止薬物が出たのは21年ぶり。

 JRAは競馬法違反の疑いがあるため、船橋警察署に届け出るとともに、原因についての調査を依頼した。同馬は失格となり、12月8日から16日までの出走が停止された。また、このレースでの2着以下の順位は繰り上がったが、勝馬投票券に影響はない。

 JRAの小林善一郎常務理事は「早期の原因究明と再発防止に万全を尽くします」とコメントした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.