天気予報を見る
 
新聞購読申込

バド日本一5度の広瀬栄理子引退/北京五輪代表

2014/12/06 18:38

 女子シングルス 3位の表彰を受ける広瀬栄理子(左)。右は同じく3位の橋本由衣=代々木第二体育館
 女子シングルス 3位の表彰を受ける広瀬栄理子(左)。右は同じく3位の橋本由衣=代々木第二体育館

 2008年北京五輪でバドミントン女子シングルスの日本代表だった広瀬栄理子(29)=ヨネックス=が6日、現役引退を発表した。5度制した全日本総合選手権の準決勝で敗れた後の記者会見で「思い出が詰まった大会で区切りをと思った。6歳から始め、23年も続けられて幸せ。やり切った」と涙交じりの笑顔で語った。

 兵庫県出身で03年、青森山田高から当時の三洋電機に入社し、小椋久美子さんや潮田玲子さんらと同僚だった。潮田さんは「05年に広瀬さんが全英オープン準決勝に進出し、オグシオもとても刺激になった。日本代表の元気印だったので寂しい」と惜しんだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.