天気予報を見る
 
新聞購読申込

バスケ、つくばの会社移管承認/男子のNBL

2014/12/05 00:51

 バスケットボール男子のナショナルリーグ(NBL)は4日、東京都内で臨時の理事会兼総会を開き、経営難のためリーグ管理下に置かれていたつくばの新運営会社への移管を承認した。所属選手数もリーグ戦参加に必要な10人に達するめどがついたという。

 つくばは新運営会社と選手との契約交渉がまとまらず、1日に11人が自由契約となった。所属選手数は4人に減っていたが、今後新たにTKbjリーグでプレーした選手らが加わる見通しが立った。社長はNBLの専務理事を辞任した山谷拓志氏が務める。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.