天気予報を見る
 
新聞購読申込

冨田選手側、初公判控え無実訴え/「決定的証拠ない」

2014/12/04 18:37

 記者会見する冨田尚弥選手=4日午後、名古屋市中区
 記者会見する冨田尚弥選手=4日午後、名古屋市中区

 韓国・仁川アジア大会でカメラを盗んだとして略式起訴されながら帰国後に無実を訴え、来年1月12日に仁川地裁で正式裁判の初公判に臨む競泳の冨田尚弥選手側が4日、名古屋市内で記者会見し、代理人の国田武二郎弁護士は現時点で同選手が犯人と認定できる決定的な証拠は確認できていないと訴えた。

 「明らかに窃盗犯であるという事実は出ていない。窃盗の着手から既遂までの過程は必ずしも明らかでない」と語った。

 仁川南部警察署は、監視カメラの映像に冨田選手がカメラ本体からレンズを外す様子など犯行が鮮明に映っていると主張。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.