天気予報を見る
 
新聞購読申込

F1、ビアンキは減速せず激突/事故の調査報告書

2014/12/04 12:09

 F1日本GPで大破したビアンキのマシン(ゲッティ=共同)=10月
 F1日本GPで大破したビアンキのマシン(ゲッティ=共同)=10月

 国際自動車連盟(FIA)は3日、自動車F1シリーズでジュール・ビアンキ(フランス、マルシャ・フェラーリ)が意識不明の重体となった第15戦の日本グランプリ(GP)決勝の調査報告書を発表し、事故直前にビアンキが車の制御不能を回避するために十分な減速をしていなかったと結論づけた。396ページにわたる報告書では車が時速126キロでクレーン車に激突したとした。(ロイター=共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.