天気予報を見る
 
新聞購読申込

バスケつくば、存続の危機/大量11選手が自由契約

2014/12/01 21:25

 バスケットボール男子のナショナルリーグ(NBL)は1日、旧運営会社が経営難に陥ったためリーグの管理下に置かれているつくばから、元日本代表の岡田優介ら大量11選手が自由契約になったと発表した。残る4選手では試合ができず、チーム存続が危ぶまれる事態となった。つくばはリーグ戦で開幕から16連敗中。

 NBLは11月末を期限に、選手と新たな運営法人との契約交渉を進めていたが、11選手と合意に至らなかった。NBL関係者によると、チームがリーグ戦に参加するためには最低10人を登録する必要があり、つくばのシーズン中の離脱を避けるため、新たな選手の獲得を目指す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.