天気予報を見る
 
新聞購読申込

窃盗の冨田選手、当初案通り処分/16年3月まで登録停止

2014/10/30 19:31

 臨時理事会後に記者会見する日本水泳連盟の泉正文専務理事=30日、東京都渋谷区
 臨時理事会後に記者会見する日本水泳連盟の泉正文専務理事=30日、東京都渋谷区

 日本水泳連盟は30日、東京都内で臨時理事会を開き、韓国の仁川で開かれたアジア大会で窃盗事件を起こして略式起訴され、日本選手団から追放された冨田尚弥選手(25)を、倫理委員会の案通りに2016年3月末まで選手登録停止とする処分を正式に決めた。

 冨田選手が11月6日に記者会見を予定しており、「盗み行為はやってはいない」と弁明する方針であることに対しては、泉正文専務理事は「われわれが捜査をすることはできない。韓国の検察の判断を基にしか処分を決められない」と語り、司法当局の判断が覆らない限り処分は見直さない考えを示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.