天気予報を見る
 
新聞購読申込

東京六大学、立大の優勝持ち越し/東大は86連敗

2014/10/26 18:52

 東京六大学野球リーグ第7週第2日は26日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、立大は明大と延長十二回、規定により2―2で引き分けて1勝1分けとなった。立大はあと1勝して勝ち点を挙げれば、1999年秋以来30季ぶり13度目の優勝が決まる。

 東大は法大に0―5で敗れて10戦全敗となり、最多連敗記録は86(2分けを含む)に伸びた。最下位は34季連続。法大は勝ち点1の5位で今季を終えた。

 立大は1点差の八回に我如古の犠飛で追い付いた。法大は2投手で東大を4安打に封じた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.