天気予報を見る
 
新聞購読申込

ラグビーW杯、札幌市も立候補/19年開催地

2014/10/24 18:17

 札幌市の上田文雄市長は24日の記者会見で、2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催地に立候補すると明らかにした。札幌ドーム(同市豊平区)を会場とし2〜3試合の開催を計画。週明けに申請書を大会組織委員会に提出する。

 上田市長は「札幌の魅力を世界に発信できる貴重な機会。今後のスポーツイベントの誘致につながると期待している」と述べた。

 W杯開催地にはすでに東京都や静岡県、愛知県豊田市、大分県が立候補を表明。大会組織委は立候補都市の中から10〜12に絞り、来年3月に正式に決定する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.