天気予報を見る
 
新聞購読申込

ラグビーW杯、熊本も立候補/交通の利便性アピール

2014/10/24 18:15

 熊本県は24日、2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催地として立候補する申請書を大会組織委員会に提出した。県の担当者は「九州の中心に位置し、交通の利便性が良いのが強みだ。観光資源が豊富であることもアピールしたい」と話した。

 計画では、3万2千人を収容する県民総合運動公園の陸上競技場(熊本市)を使う。県は7月、熊本市や競技団体などと招致委員会を設け、立候補の準備を進めてきた。

 日本大会には東京都や静岡県、大分県なども立候補を表明しており、開催地は来年3月に決まる予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.