天気予報を見る
 
新聞購読申込

ウィリアムズ姉妹侮辱で資格停止/テニスのロシア協会会長

2014/10/18 13:21

 女子テニスツアーを統括するWTAツアーは18日、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹(米国)を侮辱する発言があったとして、ロシア協会のタルピスチェフ会長に1年間の資格停止処分と2万5千ドル(270万円)の罰金を科したと発表した。会長は先週、出演したテレビ番組で「ウィリアムズ兄弟」などと発言。WTAは性差別の観点から侮辱と判断した。(ロイター=共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.