天気予報を見る
 
新聞購読申込

岡崎の現役続行を全面支援/スケート、富士急社長が明言

2010/03/31 19:55

 スピードスケート女子のベテラン、岡崎朋美が所属する富士急の堀内光一郎社長は31日、出産した上で2014年ソチ冬季五輪を目指す意向を示している岡崎について「全面的に支援したい」と述べた。

 38歳の岡崎は5度目の五輪だった2月のバンクーバー大会の500メートルで16位に終わるなど惨敗したが、大会直後に出産と現役続行の意欲を表明していた。同社長は「1年半ぐらいは(競技を)お休みすることもあるのではないか」と話した。

 岡崎を長年、指導する長田照正総監督は4月から顧問の立場となってコーチを続ける。富士急は今季限りで石野枝里子、大津広美、渡辺ゆかりの2006年トリノ五輪代表が退部。残る若手は引き続き黒岩彰監督が指導する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.