天気予報を見る
 
新聞購読申込

平松氏を新委員長に/不明朗会計のフィギュアで

2006/05/20 23:03

 日本スケート連盟は20日のフィギュア委員会で、国際事業委員の不明朗な会計の責任を取って理事を辞任する小野長久委員長の後任として、平松純子氏(63)=日本オリンピック委員会理事=を全会一致で選出した。

 同委員会は平松氏が国際スケート連盟(ISU)フィギュア技術委員を務め、語学力や国際的な人脈もあることで推薦。フィギュアの都道府県代表が出席する21日の全国部長会議を経て、30日の理事会で正式に決まる。

 平松氏は1960年スクォーバレー、64年インスブルック両五輪女子代表で、94年リレハンメル五輪ではフィギュア女子監督を務めた。

 国際事業にかかわって辞任する理事4人はフィギュア委員からも外れ、辞任する城田憲子強化部長の後任などは平松氏が人選する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.