天気予報を見る
 
新聞購読申込

舟橋局長を職務停止/JBC中部の不正問題

2005/03/04 19:19

 日本ボクシングコミッション(JBC)本部は4日、中部地区の試合判定に不正があったとの疑惑が浮上していたことを明らかにし、調査結果からは不正事実を確認できなかったが、信頼を損ねたとしてJBC中部の舟橋幸男事務局長(61)を無期限で職務権限停止にすると発表した。同職は本部の小島茂事務局長が兼務する。

 舟橋氏は数年前から審判員に対し、特定の選手に有利な判定をするように圧力をかけたとされ、JBC本部は一昨年から調査を行っていた。斉藤慎一専務理事は「聞き取りを行った結果、重圧を感じたという意見はあったが、不正はなかった。白に近い灰色」と話した。

 今後は中部地区で行われる試合に本部から審判員などを派遣するほか、4月を目標に役員会を設置して審判員の技術の向上を図る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.