アローズ3連敗 仙台に68―82 POほぼ消滅 Bリーグ2部

2019/02/11 09:21

 

【仙台―香川】第3クオーター、シュートを決める香川の木村=カメイアリーナ仙台

【仙台―香川】第3クオーター、シュートを決める香川の木村=カメイアリーナ仙台

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は10日、各地で第21節7試合があった。西地区最下位の香川ファイブアローズは、宮城県のカメイアリーナ仙台で東地区3位の仙台と対戦し、攻守とも振るわず68―82で敗れて3連敗となった。地区上位との通算成績差により、プレーオフ進出の可能性がほぼ消滅した。

 香川は通算成績7勝32敗。西地区首位の島根がこの日29勝10敗となったため、レギュラーシーズン残り21試合を香川が全勝しても勝ち数で島根を上回れず、香川の地区2位以下が確定。2位熊本が28勝目を挙げたため、香川は今後1敗すれば、3地区各1位と2位3チーム中の成績最上位が進むプレーオフの出場権を得られない。

 香川はこの日の仙台戦で新加入の外国人パワーフォワード、トンプソンが初出場し、持ち味のインサイドの強さを発揮して14リバウンド、12得点を記録。ただ両軍にターンオーバー(攻撃ミス)が相次ぐ中、香川は全体に攻守の精彩を欠き、14点差で押し切られた。

 香川の次節は16、17の両日、土庄町総合会館フレトピアホールで中地区2位のFE名古屋と対戦する。

 ▽カメイアリーナ仙台(1603人)
仙台25勝14敗 82(20―16)68 香川7勝32敗
           (18―14)
           (22―26)
           (22―12)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459