39人、懸命アピール アローズ入団テスト Bリーグ2部

2018/06/30 09:19

 

アローズ加入を目指し、熱のこもったプレーを見せるトライアウト参加者ら=高松市牟礼総合体育館

アローズ加入を目指し、熱のこもったプレーを見せるトライアウト参加者ら=高松市牟礼総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグの香川ファイブアローズは29日、高松市牟礼総合体育館で2年連続となる球団独自のトライアウト(入団テスト)を開いた。リーグや実業団の経験者、バスケ専門学校生ら39人が参加。アローズ加入を目指し、各自が懸命に技術や熱意をアピールした。

 トライアウトは、2018〜19年シーズンに向けた即戦力や将来性ある選手を確保・発掘するのが狙い。昨年は31人が参加した。この日は、就任2年目の衛藤ヘッドコーチ(HC)と津田球団取締役が審査に当たったほか、契約継続に合意した安部や筑波らもプレーを見守った。

 参加者は、さまざまな距離からのシュート技術を披露。その後、実戦形式の5対5に多く時間を割き、守備の動きを中心にパス回しやドリブルの精度、状況判断力などのチェックを受けた。

 衛藤HCは「現状のチーム編成では不足している部分を補いたいが、全体に小粒。元気もない。ただ、数人は目についたので獲得も考えていきたい」と話していた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459