スパークスがスティール3位/バスケbjリーグ

2011/04/25 10:49

 

 bjリーグはレギュラーシーズン全日程が終了し、主要部門の個人成績が決まった。

 得点ランキングは福岡のマイケル・パーカーが1試合平均27・3点でトップ。リバウンド部門は滋賀のゲイリー・ハミルトン(1試合平均15・2本)、3点シュート部門は福岡の竹野明倫(成功率46・0%)が頂点に立った。

 高松は、ラシード・スパークスが1試合平均1・9本のスティールを奪い同部門3位、アシスト部門で1試合平均4・5本で7位に入った。また菊池宏之がフリースロー成功率82・5%で同部門4位に入った。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459