天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松、鈴木(専修大出)を指名/バスケbjリーグ

2010/06/09 09:35

 bjリーグは8日、東京都内のホテルでドラフト会議を開き、高松ファイブアローズは新人ドラフト一巡目(4番目)で専修大出身のガード、鈴木正晃(23)を指名した。

 176センチ、72キロ。静岡学園高から専修大に進学し、昨年高松入りした堤啓士朗(現福岡)とともにプレー。卒業後は、ストリートバスケのプロチームに所属している。

 最終トライアウトを視察したチーム関係者は「シュート力とスピード。ポイントガードでありながらスキルが高い」などと評価していた。

 鈴木は入団に前向きで「感動を与えるプレーヤーへと成長するとともに、チームに貢献できるよう一生懸命頑張る」とコメントした。

 新規参入の秋田、島根、宮崎が希望選手を指名する分配ドラフトでは、高松の選手は指名されなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.