天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズの最下位確定 西地区 Bリーグ2部

2019/04/20 09:22

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は19日、各地で最終32節の3試合があり、西地区チーム同士の対戦結果を受け、この日試合がなかった香川ファイブアローズの西地区最下位が確定した。B2での香川の最終順位は、過去2シーズンとも5位。西地区首位の熊本は同3位の広島を86―70で下し、44勝目(15敗)を挙げ、地区優勝を決めた。

 この日、香川と2ゲーム差の奈良は愛媛に81―75で勝ち、通算成績21勝38敗で西地区4位に浮上し、敗れた愛媛が20勝39敗の5位に転落。現在18勝40敗の香川が今季の残り2試合を連勝し、愛媛が20日の最終戦を落として勝ち数が並んでも、今季の直接対決は2勝4敗で、香川は愛媛を上回ることができない。

 香川は20、21日の最終節で、西地区2位の島根と高松市総合体育館で対戦する。香川の過去の最終通算成績は、1季目が19勝41敗、2季目の前シーズンが22勝38敗。

B2勝敗表(19日現在)
▽西地区  勝  敗   勝率  差
(1)熊本  44 15 .746  −
(2)島根  42 16 .724 1.5
(3)広島  32 27 .542 10.5
(4)奈良  21 38 .356 11.0
(5)愛媛  20 39 .339 1.0
(6)香川  18 40 .310 1.5
(注)順位はリーグ規定による

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.