天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ、熊本に連敗 Bリーグ2部

2019/04/15 10:20

【熊本―香川】第3クオーター、香川のウォーレンがシュートを決める=熊本市総合体育館
【熊本―香川】第3クオーター、香川のウォーレンがシュートを決める=熊本市総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は14日、各地で第31節8試合があった。西地区最下位の香川ファイブアローズは熊本市総合体育館で同地区首位の熊本と対戦し、81―91で敗れた。3連敗で通算成績は18勝40敗。5位奈良とのゲーム差は「2」に開いた。

 香川は大沢の外角シュートなどで7―0と好スタートを切ったが、同節第1戦で苦しめられたタプスコットに得点を伸ばされ、前半を4点ビハインドで終えた。

 後半は終始追う展開となった。ウッドベリーやウォーレン、藤岡、安部が積極的に得点し僅差まで迫っては連続失点という流れを繰り返した。熊本のガード、シューターの好調も響き、最後は10点差で振り切られた。

 この日は西地区2位の島根が勝ち、B2プレーオフ出場を決めた。

 2018〜19年レギュラーシーズン(60試合)は、19〜21日が最終の第32節。香川は20、21の両日、ホームの高松市総合体育館に島根を迎える。試合開始時間は20日が午後6時、21日が同1時。

 ▽熊本市総合体育館(3567人)

熊本43勝15敗 91(23―16)81 香川18勝40敗

           (14―17)

           (25―24)

           (29―24)

B2勝敗表(14日現在)

▽西地区 勝  敗  勝率   差
(1)熊本  43 15 .741 −
(2)島根  42 16 .724 1.0
(3)広島  32 26 .552 10.0
(4)愛媛  20 38 .345 12.0
(5)奈良  20 38 .345 0.0
(6)香川  18 40 .310 2.0
(注)順位はリーグ規定による

仙台 97―86 群馬
福島 104―77 山形
金沢 79―73 東京Z
奈良 90―79 広島
FE名古屋 73―72 信州
青森 74―71 茨城
島根 84―68 愛媛

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.