天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ最下位転落 首位熊本に81―88と惜敗 Bリーグ2部

2019/04/14 09:29

【熊本―香川】第2クオーター、香川のウォーレンがシュートを狙う=熊本市総合体育館
【熊本―香川】第2クオーター、香川のウォーレンがシュートを狙う=熊本市総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は13日、各地で第31節9試合があった。西地区5位の香川ファイブアローズは熊本市総合体育館で同地区首位の熊本と対戦。最終盤まで競り合いながら81―88で敗れ、2連敗となった。通算成績は18勝39敗で3月23日以来の地区最下位に転落した。

 香川は、過去在籍した2季連続得点王のタプスコットに38得点を奪われたのが痛かった。攻撃はそれぞれ点差を離されていた第2クオーターに藤岡、高比良、石川の連続得点などで同点とし、第4クオーターに高比良の3点シュートなどで詰め寄ったが、要所で熊本に3点シュートを決められて逃げ切られた。

 勝った熊本はB2プレーオフへの出場が決定。同地区最下位だった奈良が勝ち、香川に代わって5位に浮上した。このほか、東地区の群馬が通算42勝15敗で地区優勝。中地区の八王子が敗れ、同11勝47敗で3部(B3)との入れ替え戦に回ることが決まった。

 香川は14日、同体育館で熊本との第31節第2戦を行う。

 ▽熊本市総合体育館(2779人)
熊本42勝15敗 88(14―9)81 香川18勝39敗
           (24―29)
           (26―18)
           (24―25)
(熊本はプレーオフ進出)

B2勝敗表(13日現在)
▽西地区  勝  敗   勝率   差
(1)熊本  42 15 .737   −
(2)島根  41 16 .719  1.0
(3)広島  32 25 .561  9.0
(4)愛媛  20 37 .351 12.0
(5)奈良  19 38 .333  1.0
(6)香川  18 39 .316  1.0
(注)順位はリーグ規定による

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.