天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ快勝 八王子に102―88 Bリーグ2部

2019/03/09 09:19

【八王子―香川】第1クオーター、ダンクシュートを決める香川のトンプソン=エスフォルタアリーナ八王子
【八王子―香川】第1クオーター、ダンクシュートを決める香川のトンプソン=エスフォルタアリーナ八王子

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は8日、東京都のエスフォルタアリーナ八王子で西地区・香川ファイブアローズ―中地区・八王子の第25節1試合があった。香川は序盤に大量リードを奪って逃げ切り、102―88で快勝。今季初の100点ゲームで通算成績を12勝34敗とした。

 B2全18チームの勝率で17位の香川と、最下位八王子の「裏天王山」。香川は第1クオーターのシュート精度が高く、トンプソンが14得点、ウッドベリーが10得点したほか、高比良が終了前に連続3点シュートを決めるなどして一挙33点。B2でのチーム最多得点で発進し、20点差をつけた。

 第2、第3クオーターは一進一退の展開。八王子は米NBAに過去在籍したアーリーらが得点を伸ばし、最終クオーターは一時9点差まで詰められたが、香川はウッドベリーが3点シュート、大沢、高比良がフリースローを勝負強く決め切り、追い上げを振り切った。

 39歳の堀川が出場し、bjリーグ時代を含め通算500試合出場を達成した。

 香川は9日、同アリーナで八王子との第25節第2戦を行う。

 ▽エスフォルタアリーナ八王子(1101人)
香川12勝34敗 102(33―13)88 八王子9勝37敗
            (22―22)
            (23―25)
            (24―28)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.