天気予報を見る
 
新聞購読申込

B2アローズ、ガード陣の守備が鍵 31日から観音寺で熊本と2連戦

2018/03/31 09:43

練習に汗を流す香川の木村(手前)とブランドン=高松市西部運動センター体育館
練習に汗を流す香川の木村(手前)とブランドン=高松市西部運動センター体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)、西地区5位の香川ファイブアローズは31日と4月1日、観音寺市立総合体育館で同2位の熊本と2連戦を行う。プレーオフ(PO)進出が消えた香川だが、単なる消化試合ではなく来季へつながる戦いを見せたい。

 香川は前節、西地区首位の福岡に敗れたものの、けがから復帰したブランドンの活躍もあり、最大23点差を一時は2点差まで追い詰めた。

 一方で前々節の広島戦で近が左足首を負傷。調子を上げていただけに、衛藤ヘッドコーチも「(ブランドンと近を)同時に使うと面白い攻撃ができると思っていたのだが」と声を落とした。

 対する熊本は、リーグ1位のアシスト数を誇るガード古野が攻撃のタクトを振るう。初のPOへ強い気持ちで臨んでくることも予想され、香川としては、大沢や木村らガード陣が古野を抑えられるかが鍵を握る。

 木村は「ファウルになるぎりぎりのところで守っていらいらさせたい。1、2点を争う展開になる」と分析。大沢は「要所を抑えてターンオーバーを誘いたい」と気合を見せた。

 試合開始は31日が午後7時、4月1日は同2時。

高校生以下を無料招待 観音寺、三豊の両市と連携し、31日、4月1日を「ホームタウンDAY」として両市在住の高校生以下に限り2階自由席を無料(通常700円)にする。また両日、試合後に選手とのサイン会を行う。問い合わせは香川ファイブアローズ球団事務所〈087(813)7120〉。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.