天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ5連敗 信州に56ー64 Bリーグ2部

2018/03/04 10:09

【香川―信州】第2クオーター、シュートを決める香川のクウソー=松本市総合体育館
【香川―信州】第2クオーター、シュートを決める香川のクウソー=松本市総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は3日、第21節9試合があった。西地区5位の香川ファイブアローズは長野県の松本市総合体育館で中地区5位の信州と対戦。56―64で敗れ、連敗は5となった。通算成績は16勝23敗。順位は5位のままで変わらない。

 前半はロースコアの展開。香川はフリーのシュートを決められず、パスミスもあり、波に乗れないまま21―27で折り返した。7点ビハインドの最終クオーターに一時は2点差まで追い上げたが、ここでもミスから流れを明け渡した。

 香川はクウソーが今季最多17得点と奮闘。しかし、チームの連係がかみ合わず19ターンオーバーと自滅した。

 香川の次戦は4日、同体育館で信州と第2戦を行う。

 ▽松本市総合体育館(1028人)
信州16勝23敗 64(13―9)56 香川16勝23敗
           (14―12)
           (21―20)
           (16―15)

FE名古屋 88―75 金沢
広島 87―79 愛媛
山形 77―73 岩手
熊本 93―85 青森
東京Z 59―50 奈良
茨城 76―69 群馬
福岡 106―58 仙台
秋田 100―69 福島

B2勝敗表(3日現在)
▽西地区 勝  敗   勝率    差
(1)福岡  32 7  .821   −
(2)熊本  28 11 .718 4.0
(3)愛媛  23 17 .575 5.5
(4)広島  20 20 .500 3.0
(5)香川  16 23 .410 3.5
(6)奈良  8  31 .205 8.0
(注)順位はリーグ規定による

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.