天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ10勝目 群馬に66―65 Bリーグ2部

2017/12/25 09:29

【香川―群馬】第1クオーター、香川の大沢がシュートを決める=伊勢崎市民体育館
【香川―群馬】第1クオーター、香川の大沢がシュートを決める=伊勢崎市民体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は24日、第14節8試合があった。西地区5位の香川ファイブアローズは群馬県の伊勢崎市民体育館で中地区首位の群馬と対戦。試合終了間際にブランドンが決勝点を挙げ66―65で競り勝った。香川は今季10勝目(16敗)。順位は5位のままで変わらない。

 香川は序盤、高田が3点シュートやドライブを決めて36―33とリードして前半を終了。第3クオーターは、群馬に5連続得点を許すなど6点のビハインドを背負った。

 最終クオーターはブランドンが奮闘した。スピードを生かしたドライブで得点を積み上げると、残り2分50秒にフリースローを2本とも決めて逆転。その後は互いにリードを奪い合う展開が続き、64―65の残り3秒からインサイドに切り込んで決勝シュートを沈めた。

 香川の次節は29、30の両日、高松市総合体育館で西地区首位の福岡と年内最終戦となる2連戦を行う。

 ▽伊勢崎市民体育館(1276人)
香川10勝16敗 66(18―18)65 群馬14勝12敗
           (18―15)
           (13―22)
           (17―10)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.