天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

アローズ逆転負け 金沢に64―70 Bリーグ2部

2017/12/03 09:31

【香川―金沢】第3クオーター、ゴールを狙う香川の筑波(99)=白山市松任総合運動公園体育館
【香川―金沢】第3クオーター、ゴールを狙う香川の筑波(99)=白山市松任総合運動公園体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は2日、第10節9試合があった。西地区5位の香川ファイブアローズは、石川県の白山市松任総合運動公園体育館で中地区2位の金沢と対戦。前半のリードを守れず64―70で逆転負けを喫した。2連敗で通算成績は7勝12敗。順位は5位のままで変わらない。

 香川の次節は8、9の両日、土庄町の町総合会館フレトピアホールで西地区6位の奈良と2連戦を行う。小豆島でのBリーグ公式戦は初。

 ▽白山市松任総合運動公園体育館(1316人)
金沢11勝8敗 70(14―19)64 香川7勝12敗
          (17―17)
          (20―11)
          (19―17)

 【評】香川は序盤、堅守とリバウンドで主導権をつかんだ。攻撃ではウォーレンや筑波らがインサイドを中心に攻めて36―31で折り返した。

 リードを守りたい香川だったが、第3クオーター開始から5連続失点。47―51と逆転を許して迎えた最終クオーターは、残り3分半に木村の速攻が決まり再びリードしたが、勝負どころでファウルやミスを犯して再逆転され、力尽きた。

 香川はこの日もフリースローが16本中9本しか決まらず、シーソーゲームを落とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.