天気予報を見る
 
新聞購読申込

プロ目指し猛アピール アローズ トライアウトに31人 Bリーグ

2017/07/15 09:32

プロの舞台を目指し、懸命にアピールするトライアウトの参加者=高松市牟礼総合体育館
プロの舞台を目指し、懸命にアピールするトライアウトの参加者=高松市牟礼総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグの香川ファイブアローズは14日、高松市牟礼総合体育館でチーム独自のトライアウト(入団テスト)を実施した。リーグ経験者を含む31人が参加。プロの舞台を目指して、それぞれの持ち味を懸命にアピールした。

 今月就任した衛藤ヘッドコーチ(HC)の意向もあり、2年ぶりに開催。新体制の下、将来性や意欲のある選手を発掘しようと、衛藤HCのほか、津田球団取締役、チームに残留が決まっている高田、近、大沢らが真剣な表情で参加者のプレーを見つめた。

 選考では1対1で個々の技術を確認したほか、5対5による実戦形式で試合中の状況判断力などを審査した。

 衛藤HCは「もっと自分を出してほしかった。球際の厳しさなど心の部分を見ていたが物足りない。それでも面白い選手も何人かいたので、津田さんと話しながら(獲得を)考えたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.