天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

アローズ2連敗 Bリーグ2部

2017/04/09 09:28

【香川―愛媛】第2クオーター、香川のタプスコットが20点目のシュートを決める=高松市総合体育館
【香川―愛媛】第2クオーター、香川のタプスコットが20点目のシュートを決める=高松市総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は8日、高松市総合体育館などで第26節9試合があった。西地区5位の香川ファイブアローズは同4位の愛媛と対戦。67―80で敗れ2連敗を喫し、通算成績は15勝36敗となった。

 香川は前半、7ターンオーバーに加え、記録に残らないミスも多く、流れに乗り切れないまま36―47で折り返した。後半も愛媛のマンツーマン守備と要所で仕掛けるオールコートプレスに苦戦。攻守で連係がかみ合わず、ディフェンスでもリバウンドを拾われて突き放された。

 タプスコットは第2クオーター6分すぎに得たフリースローを決め、B2最速で通算千得点を達成した。この試合も21得点11リバウンドと活躍し、通算得点を1007に伸ばした。

 香川は9日、同体育館で午後1時から愛媛と第2戦を行う。

 ▽高松市総合体育館(760人)
愛媛26勝25敗 80(21―16)67 香川15勝36敗
           (26―20)
           (18―17)
           (15―14)

タプスコット1000得点突破
 B2通算千得点が誕生したのは第2クオーター中盤。フリースローの1本目は「周りの声が聞こえて緊張した」と外したが、2本目は美しい放物線を描いてリングを通り抜けた。1部を含めても2人目の記録。右手を突き上げたタプスコットを大歓声が包んだ。

 フリースローをもらう過程に、らしさが詰まっていた。3点シュートのライン内側、ゴールに向かってやや右でボールを受けると、中央へ行くと見せかけ、左に急旋回。マークが遅れた相手からファウルを誘い出した。

 得点ランキング2位のリカート(茨城)が身長211センチ、3位のアラビ(名古屋)が216センチに対し、1位のタプスコットは195センチ。高さを補うスピードと、内外からゴールを狙える卓越した技術で相手に脅威を与え続けている。

 ナバーロヘッドコーチは「攻撃の引き出しが多く、レベルが高い」と全幅の信頼を寄せる。不動のエースは「チームメートやスタッフに感謝したい」と喜びを表現した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.