天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ巻き返しへ あすから高松で東京Zと2連戦 Bリーグ2部

2017/01/20 09:19

今後の試合へ向け意気込みを語るナバーロHC
今後の試合へ向け意気込みを語るナバーロHC

西地区順位
西地区順位

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の香川ファイブアローズは、全日本総合選手権、オールスターによる約3週間の中断期間を挟み、21、22の両日、高松市総合体育館で東京Zと対戦する。ここまで全60試合のうち28試合を終え、9勝19敗で西地区5位。プレーオフ進出は厳しい状況だが、昨年12月は初の月間勝ち越し、得点力が高い坂東の加入などでチーム状態は上向いてきている。前半の最終戦となる東京Zは11勝17敗で中地区3位。後半戦を占う上でも大事な一戦だ。巻き返しを期したい香川。ナバーロヘッドコーチに後半戦の展望や意気込みを聞いた。東京Z戦は21日が午後6時、22日が同1時試合開始。

後半へ、ナバーロHCに聞く シュートの精度が鍵に
 ―ここまでの戦いを振り返って。
 開幕時に比べてプレーは良くなっている。どういうディフェンスをすれば勝てるのかということも見えてきた。特にプレスをかける時のガード陣の動きが良い。相手のテンポを速めてミスを誘えている。

 ―9勝19敗という成績はどのように捉えているか。

 熊本、島根、広島というB2リーグ全体でも上位のチームが同地区にいるのがきついところ。ただ、ほかのチームには勝てている。

 ―12月は6勝5敗で初の月間勝ち越し。

 シーズンも半分が来て仲間同士の信頼関係も深まり、ミスがあっても全員で話し合って修正できるようになってきた。チームはまとまってきたが5敗の中にも勝てた試合はある。

 ―東京Z戦、後半戦に向けての鍵は。

 攻撃ではシュートを打ちたいところで打てているので、後はしっかり決めなければいけない。坂東はスコアラーとして期待している。守備面では、確実なポジション取りが重要だ。東京Z戦では特にディフェンスの速さがポイント。徳永、坂井の守備が重要になるし、近や溝口の得点がもっと増えれば楽になる。

 ―プレーオフ進出は地区2位が最低条件だが、目標に変わりはないか。

 難しいとは思うが、まだできると思っている。(敗戦を喫した)同地区のチームとの対戦は絶対に落とせない。

 ―後半戦に向け意気込みを。

 これからは全て(トーナメント方式の)プレーオフのつもりで戦う。今週のホームでの東京Z戦は勝たないといけない。ブースターの声援があれば選手ももっと頑張ろうと思うので、これからも応援してほしい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.