天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

アローズ完敗 茨城に68―86 Bリーグ2部

2016/12/31 09:15

【香川―茨城】第3クオーター、香川の堀田がシュートを放つ=高松市総合体育館
【香川―茨城】第3クオーター、香川の堀田がシュートを放つ=高松市総合体育館

 バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は30日、高松市総合体育館などで第14節3試合があり、西地区5位の香川は東地区5位の茨城に68―86で敗れた。通算成績は8勝19敗。

 香川は茨城の内外を使い分けた攻撃に対応できなかった。前半は徳永のドリブル突破などから得点したが、守備で相手外国人選手の高さを生かしたインサイドの攻撃を止められず失点。3点シュートも8本中6本決められ、21点のリードを許した。

 後半も茨城の3点シュートが決まり点差が拡大。最終クオーターに堀田のドライブなどで粘ったが、点差を縮めることはできなかった。

 香川の次戦は31日午後1時から同体育館で茨城と第2戦を行う。

 ▽高松市総合体育館(664人)
茨城13勝14敗 86(24―16)68 香川8勝19敗
           (32―19)
           (14―19)
           (16―14)

相手が良く決めた
 香川・ナバーロHCの話
 相手のシュートは良く決まったが、ボールを持った選手へのプレッシャーが弱かった。得点は日本人選手が活躍しなければ伸びない。それにしても相手はターンオーバー21。これで勝てないというのはなかなかない。

B2勝敗表(30日現在)
▽西地区 勝  敗  勝率   差
(1)熊 本 22 4  .846 −
(2)広 島 21 6  .778 1.5
(3)島 根 20 6  .769 0.5
(4)愛 媛 10 16 .385 10.0
(5)香 川 8  19 .296 2.5
(6)鹿児島 3  23 .115 4.5
(注)順位はリーグ規定による

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.