天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ初勝利 鹿児島に82―77 Bリーグ2部

2016/10/03 10:26

【香川―鹿児島】第1クオーター、中央をドリブルで突破する香川のタプスコット=鹿児島県総合体育センター体育館
【香川―鹿児島】第1クオーター、中央をドリブルで突破する香川のタプスコット=鹿児島県総合体育センター体育館

 バスケットボールの男子Bリーグ2部(B2)は2日、鹿児島県総合体育センター体育館などで第2節8試合が行われた。開幕3連敗中の香川ファイブアローズは82―77で鹿児島に逆転勝利し、新リーグ初白星を挙げた。

 香川は全員が攻守にハードワークし、競り勝った。第1クオーターはタプスコットの13得点も、パスミスから失点。相手のマークが厳しくなった第2クオーターは得点を伸ばせず、前半を終え10点差を付けられた。

 後半、高田がルーズボールに飛び付くなど勝利への執念を見せると、4点差で迎えた最終クオーター1分過ぎ、溝口のシュートで逆転。タプスコットへのマークを逆手に取った前村、坂井も相手守備の隙を逃さず得点を重ね、追い上げる鹿児島を振り切った。

 香川の次戦は8、9日、高松市総合体育館で広島とのホーム開幕戦を迎える。

 ▽鹿児島県体育館(706人)
香川1勝3敗 82(20―24)77 鹿児島1勝3敗
         (15―21)
         (23―17)
         (24―15)

連動できていた
 香川・ナバーロHCの話 タプスコットが良く決めてくれたが、彼が楽にシュートを打てるように全員が連動できていた。(次はホーム開幕戦)ブースターの前で勝利を届けられるよう頑張る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.