天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ2連敗/西地区準決勝進出ならず

2015/05/05 09:32

【高松―京都】第1クオーター、高松の薮内がゴールを狙う=京都市のハンナリーズアリーナ
【高松―京都】第1クオーター、高松の薮内がゴールを狙う=京都市のハンナリーズアリーナ

 TKbjリーグの高松ファイブアローズは4日、京都市のハンナリーズアリーナで京都ハンナリーズとプレーオフ(PO)1回戦の第2戦を戦い、63―93で2試合続けての大敗。カンファレンス準決勝進出を逃した。

 高松は前半、攻守に善戦して京都を追い掛けて25―36。しかし、第3クオーターはリバウンドで競り負ける場面が目立ち、シュートの精度も低調で21点のリードを許した。最終クオーターはさらに失速。開始から4分以上攻撃が停滞する間に最大39点差まで突き放されて万事休した。

 【西カンファレンス】
 ▽1回戦第2戦(京都2勝)
京  都 93(17―11)63 高  松
(リーグ1位)(19―14)(リーグ8位)
       (25―15)
       (32―23)
(京都は西カンファレンス準決勝進出)

力がなかった
 高松・前田顕蔵ヘッドコーチの話
 2戦とも完敗だった。POに出場できたが、ここから上を目指す力がなかった。ファンの方からたくさん応援を頂き、選手も最後まで戦った。感謝している。

京都に再び大差 米沢主将 「ボールへの執着心弱かった」
 2戦続けての一方的な展開となった敗戦で、高松の今シーズンの戦いは幕を閉じた。前田ヘッドコーチ(HC)は「自分の責任」と、厳しい結果を一人背負い込んだ。

 第1戦の反省から、前半は攻守の切り替えを早くして相手の速攻を阻止。先行する京都を何とか追い掛けた。

 歯車が狂ったのは第3クオーター。リバウンドを相手に取られ、セカンドシュートを次々と沈められた。一度、傾いた流れを引き戻すことはできず、最終クオーターは立ち上がりから内外角を崩されて一気に突き放された。

 高松は第3クオーター終了時点で3点シュートが一本も入らず、攻撃の精度も低かった。主将の米沢は「誰が悪いではない。チーム全体でボールに対する執着心が弱かった」と唇をかんだ。

 今季目標だったPO出場はかなえたが、悲願の舞台では非情な結果が待っていた。米沢や第2戦でチーム最多の16点を挙げた鈴木はともに「力の差」と、現状を嘆くしかなかった。

 来年は、この舞台での勝利が目標となる。前田HCは「しっかりとしたプレースタイルを持つことが大事。チームでバスケットをできるか」と語気を強める。悔しさをチームの財産にして、来季につなげることを誓った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.