天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズPOへ正念場、19日から琉球戦/bj

2014/04/18 09:44

琉球戦に向け、練習に汗を流す高松の選手たち=高松市牟礼総合体育館
琉球戦に向け、練習に汗を流す高松の選手たち=高松市牟礼総合体育館

 bjリーグ西地区7位の高松ファイブアローズは19、20の両日、高松市総合体育館で同地区首位の琉球ゴールデンキングスと2連戦する。今季、4戦全敗の強敵だが、プレーオフ進出(6位以内)へ連敗は絶対に避けたい高松。正念場の一戦を前に、前田ヘッドコーチは「個々の力の差をチームでカバーしたい」と表情を引き締める。

 高松は前節、プレーオフ争いをする6位大阪エヴェッサに2連勝。最終クオーターまでもつれた激闘を制し、選手が自信を深めたのは明るい材料だ。対する琉球は、選手層が厚くどこからでも得点が狙える上、守りも一瞬の隙を突いたスチールなどがあり、攻守に抜け目がない。

 高松にとって点の取り合いは不利。攻撃はしっかりとシュートで終えて速攻による失点を防ぎ、守備では選手間の意思統一を図って食らいつきたい。

 プレーオフ進出枠は残り1。大阪(残り試合4)と高松(同4)とのゲーム差は「1」で、8位大分ヒートデビルズ(同2)にも可能性がある。

 試合開始は19日が午後7時、20日は同1時。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.