天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ善戦及ばず 仙台に78―86/bjリーグ

2012/02/26 09:46

【高松―仙台】第2クオーター1分、激しいディフェンスに遭いながらもスミス(右)にパスを出す高松・菊池=仙台市体育館
【高松―仙台】第2クオーター1分、激しいディフェンスに遭いながらもスミス(右)にパスを出す高松・菊池=仙台市体育館

 bjリーグは25日、各地で9カードを行い、西地区最下位の高松ファイブアローズは仙台市体育館で東地区6位の仙台89ERSと対戦し78―86で惜敗して6連敗。通算成績は2勝31敗となった。

 高松は立ち上がりに連続失点を許して追いかける展開となったが、菊池の連続3点シュートなどで5点差まで追い上げて折り返した。

 後半はウィリアムス、ビュートラックらを中心に内角から得点を重ねて第3クオーター終盤に一時逆転。最終クオーターも残り1分まで1ゴール差の接戦を見せたが、ビュートラックの負傷退場も響いて最終盤でゴール下を守りきれなかった。

仙台  86(28―22)78 高松
17勝16敗(13―14)   2勝31敗
      (21―25)
      (24―17)

3外国人が奮闘
 高松は前節の秋田ノーザンハピネッツ戦で足首を負傷した高田と体調不良のナナリーが欠場。ベンチメンバー8人で臨む苦しい中で、3人の外国人選手が奮闘した。ウィリアムスは自身最多の26得点。ビュートラック、スミスがともに15点以上を挙げてチームをけん引した。

 前田ヘッドコーチは一時は逆転するなどたくましさを見せたチームに手応えをつかみながらも、「最後にゴール下で簡単なミスが出てしまった。それに尽きる」と、2点差の残り1分で追加点を許した守備を残念がった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.