天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ3連敗/琉球に今季最多40点差

2012/02/06 09:35

【高松―琉球】第2クオーター、マークをかわし、ジャンプシュートを放つ高松の鈴木=沖縄市体育館
【高松―琉球】第2クオーター、マークをかわし、ジャンプシュートを放つ高松の鈴木=沖縄市体育館

 bjリーグは5日、各地で8カードを行い、西地区最下位の高松ファイブアローズは沖縄市体育館で首位の琉球ゴールデンキングスと対戦。今季チーム最多の40点差をつけられて60―100で完敗し3連敗となった。

 ナナリーが負傷欠場した高松はインサイドの高さが足りず、琉球にリバウンド総数で25本差をつけられるなど圧倒された。

 第1クオーターは速攻からビュートラックが得点するなど粘ったが、第2、第3クオーターに内外角からバランス良く攻める琉球を止められずに大量失点。第4クオーターも流れを変えられなかった。

 次節は18、19の両日に高松市香川総合体育館に東地区2位の秋田ノーザンハピネッツを迎えてホーム2連戦を行う。

琉球 100(22―17)60 高松
24勝6敗 (23―12)  2勝28敗
      (32―12)
      (23―19)

攻撃立て直さないと
 高松・前田顕蔵ヘッドコーチの話 相手にならなかった。戦えている場面もあるのに我慢しきれず、集中力が切れて一気にやられてしまった。攻撃を立て直さないと、強いチームには勝てない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.