天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ連勝ならず、富山に55―83/バスケbj

2012/01/30 09:53

【高松―富山】第4クオーター、高松のビュートラックが54点目のシュートを決める=高松市総合体育館
【高松―富山】第4クオーター、高松のビュートラックが54点目のシュートを決める=高松市総合体育館

 bjリーグは29日、各地で8カードを行い、西地区最下位の高松ファイブアローズは高松市総合体育館で東地区6位の富山グラウジーズと対戦し55―83で大敗。今季初の連勝はならなかった。通算成績は2勝26敗。

 高松は第1クオーターに5点リードしたが、第2クオーター中盤から攻撃が停滞して逆転を許した。後半はインサイドで無理な体勢からシュートを打たされては、速攻を受けて失点。第4クオーター序盤にナナリーの得点で一時9点差まで迫る場面もあったが、流れは変えられなかった。

 次節の高松は2月4、5の両日、沖縄市体育館で西地区首位の琉球ゴールデンキングスとアウェー2連戦を行う。

いいところない
 高松・前田顕蔵ヘッドコーチの話
 情けない試合をしてしまった。いいところは一つもない。(アウェーで)初勝利の翌日に大崩れした試合から全く進歩していない。こんな厳しい状況でも支えてくれるファンに感謝し、チームとしてまとまっていかないと。

決まらぬシュート 「気持ち足りなかった」
 前日に失点の大半を占めたインサイドの守備を強化してきた富山に対して、高松は最後まで有効策を打てず、28点差の大敗。ホーム初勝利を挙げ、巻き返しに期待するファンを裏切る展開だった。

 第1クオーターはリードを奪ったものの、ゴール下で無理な体勢からのシュートが続いた。前日に45.2%あった2点シュート成功率はわずか25.4%に激減。特に中心選手のスミス、鈴木が3点シュートも含め計22本打ちながら一本も決められないようでは勝ち目はなかった。

 善戦した次の試合で大崩れしてしまう今季の高松。毎試合を同じだけの精神力で戦うたくましさが求められる。

 この日は県の「キッズスポーツ観戦DAY」で開幕戦に次ぐ1400人近くのファンが駆けつけた。多くの子どもが見守ったホームゲームで、敗因に「相手より気持ちが足りなかった」と選手に声をそろえられては、あまりにさみしい。

富山13勝13敗 83(11―16)55 高松2勝26敗
           (20―12)
           (19―9)
           (33―18)
琉球22勝6敗 75(21―19)56 信州11勝17敗
           (7―9)
          (29―14)
          (18―14)
福岡18勝10敗 82(16―9)78 大阪18勝8敗
           (15―22)
           (19―17)
           (32―30)
京都19勝7敗 66(17―14)64 大分8勝20敗
          (15―12)
          (18―23)
          (16―15)
宮崎13勝17敗 68(20―13)67 滋賀18勝10敗
           (20―18)
           (14―21)
           (14―15)
千葉11勝15敗 85(20―14)75 仙台13勝15敗
           (13―20)
           (18―22)
           (34―19)
横浜14勝14敗 79(17―24)72 秋田17勝11敗
           (20―16)
           (12―18)
           (30―14)
島根17勝11敗 71(25―16)67 埼玉7勝19敗
           (16―21)
           (21―17)
            (9―13)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.