天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ5連敗、滋賀に83―93/バスケbjリーグ

2011/04/24 09:41

【高松―滋賀】第3クオーター、サイドからドリブルで攻め込む高松の高田=高松市総合体育館
【高松―滋賀】第3クオーター、サイドからドリブルで攻め込む高松の高田=高松市総合体育館

 bjリーグは23日、各地で6カードを行い、西地区最下位の高松ファイブアローズは高松市総合体育館で同4位の滋賀レイクスターズと対戦し、83―93で逆転負け。5連敗となり、通算成績は10勝37敗。琉球ゴールデンキングス(沖縄)は宮崎シャイニングサンズを113―82で下し、西地区1位が確定した。

 高松は立ち上がりからゾーンディフェンスが機能。攻めては高田やプライスが積極的に仕掛け、ゴール下から得点を重ねて40―36で前半を折り返した。
 第3クオーター、高松は7分過ぎから2分間得点が止まる間に4連続得点を喫し逆転を許した。

前半リード守りきれず
 最終節を前に「ブースターへの感謝の気持ちを込めたプレーで勝利を狙いたい」と話していた金沢ヘッドコーチだったが、高松は滋賀の攻撃を40分間防ぎきることができなかった。

 前半は高松の思い描いた通りの展開だった。ゾーンディフェンスでゴール下を固めて、滋賀に外角からシュートを打たせることで失点を防いだ。攻めては鈴木、高田らがゴールへと向かう積極的な姿勢でインサイドから得点しリードを奪った。

 しかし第3クオーター、インサイドを狙われて流れが一変。動きの良くなった滋賀は外角からのシュートも決まり始め、運動量の落ちた高松は逆転を許した。

 24日は今季最終戦。最終クオーターで12得点と気を吐いた鈴木は「チーム一丸となって戦う。最後は笑顔で終わりたい」と雪辱を誓った。

滋賀29勝20敗 93(22―27)83 高松10勝37敗
           (14―13)
           (29―15)
           (28―28)

新潟20勝19敗 78(19―21)75 浜松・東三河39勝6敗
           (19―20)
           (18―19)
           (22―15)

富山13勝30敗 80(19―18)78 秋田17勝32敗
           (15―21)
           (21―22)
           (25―17)

京都27勝20敗 106(26―21)88 島根24勝25敗
            (21―19)
            (29―20)
            (30―28)

福岡30勝19敗 87(22―22)84 大阪31勝18敗
           (20―28)
           (28―19)
           (17―15)

沖縄33勝16敗 113(31―26)82 宮崎13勝36敗
            (26―23)
            (27―20)
            (29―13)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.