天気予報を見る
 
新聞購読申込

島根に69―81、アローズ2連敗/bjリーグ

2011/03/28 09:28

【高松―島根】第3クオーター、3点リードとなる43点目のシュートを決める高松のファーリー=高松市香川総合体育館
【高松―島根】第3クオーター、3点リードとなる43点目のシュートを決める高松のファーリー=高松市香川総合体育館

 bjリーグは27日、各地で6カードを行い、西地区最下位の高松ファイブアローズは香川総合体育館で同6位の島根スサノオマジックと対戦し69―81で敗れて2連敗。通算成績は9勝31敗となった。

 高松は最終盤に失速。最終クオーターを2点ビハインドで迎えたが、ファウルが3つになったプライスをベンチに下げた隙をつかれるなどして劣勢に。ファーリーの得点などで食い下がったものの、フリースローを確実に沈めた島根に突き放された。

 高松は次節の4月2、3の両日、宮崎県都城市早水公園体育文化センターで同8位の宮崎シャイニングサンズと2連戦を行う。

島根 81(18―13)69 高松
20勝22敗(18―22)9勝31敗
      (18―17)
      (27―17)

沖縄 105(24―9)53 富山
27勝15敗(11―18)12勝26敗
      (33―12)
      (37―14)

滋賀 95(18―17)83 京都
24勝18敗(22―14)23勝19敗
      (28―26)
      (27―26)

大阪 91(28―16)80 大分
27勝15敗(19―14)16勝26敗
      (28―20)
      (16―30)

福岡 94(24―19)85 宮崎
25勝17敗(23―11)12勝30敗
      (27―20)
      (20―35)

浜松・ 117(33―21)99 秋田
東三河    (27―22)13勝29敗
35勝5敗  (35―24)
       (22―32)

最終盤に失速プレーオフ絶望的
 レギュラーシーズンは残り1カ月。高松はホーム2連敗で目標だった「プレーオフ進出(地区6位以内)」は絶望的な状況となった。

 瀬戸際の高松は、前日の反省を生かし立ち上がりから気持ちの入ったプレーをみせた。一時はリードを奪うなど接戦に持ち込んだが、最終盤に失速。金沢ヘッドコーチは「最後、プライスが抜けた場面の選手交代をもっとうまくできていたら」と悔いた。

 最終クオーター3分過ぎ。ファウルが三つになったプライスをベンチに下げ、コートにはファーリーと日本人選手が4人。身長差をカバーできるゾーンディフェンスへの切り替えが遅れ、島根に主導権を奪われた。

 次節対戦する宮崎シャイニングサンズは西地区8位。最下位の高松とゲーム差は2。まず直接対決を制し、浮上のきっかけをつかみたい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.