天気予報を見る
 
新聞購読申込

アローズ苦杯 島根に60―69/bjリーグ

2011/03/27 09:43

【高松―島根】第3クオーター、厳しいディフェンスを受けながらシュートする高松の竹田=高松市香川総合体育館
【高松―島根】第3クオーター、厳しいディフェンスを受けながらシュートする高松の竹田=高松市香川総合体育館

 bjリーグは26日、各地で6カードを行い、西地区最下位の高松ファイブアローズは香川総合体育館で同6位の島根スサノオマジックと対戦し60―69で敗れた。通算成績は9勝30敗となった。
 高松は立ち上がりからシュートミスを連発し島根に大きくリードを許した。20点ビハインドで迎えた最終クオーター、主将喜多の3点シュートなどで一時8点差まで追い上げたが、島根にファウルゲームのフリースローを確実に沈められて届かなかった。

島根19勝22敗 69(19―16)60 高松9勝30敗
           (20―9)
           (20―14)
           (10―21)

決定力欠き追撃届かず
 高松は最終クオーターの追い上げも届かず苦杯。第3クオーターまでに開いた20点のビハインドは大きく、金沢ヘッドコーチは「2点シュートの成功率が30%台では厳しい」と唇をかんだ。

 最後まで島根のゴール下、デービスを攻略できなかった。計8本のブロックショットを喫すなどインサイドを支配され、無理な体勢からのシュートや外角からのシュートミスを連発した。

 最終クオーター、3点シュートを3本決めるなど追い上げの原動力となった喜多も「きょうはデービスを意識してか悪いシュートが多かった。内、外の連動した動きがあれば」と振り返った。

 ゲーム勘の鈍りというハンディもあった。東日本大震災の影響で公式戦は3週間ぶり。課題だったフリースローを紅白戦に取り入れるなど練習メニューを工夫したものの、前節公式戦のあった島根との差は大きかった。

秋田13勝28敗 70(19―20)69 浜松・東三河34勝5敗
           (9―22)
           (22―18)
           (20―9)

京都23勝18敗 89(22―19)86 滋賀23勝18敗
           (23―17)
           (26―28)
           (18―22)

大阪26勝15敗 78(19―14)69 大分16勝25敗
           (14―16)
           (23―13)
           (22―26)

福岡24勝17敗 94(22―16)80 宮崎12勝29敗
           (19―20)
           (26―17)
           (27―27)

沖縄26勝15敗 105(26―20)71 富山12勝25敗
            (22―16)
            (32―20)
            (25―15)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.