天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松逆転、ホーム初白星/bjリーグ

2010/10/25 09:37

【高松―大阪】今季、ホームでの初勝利をあげ喜び合う高松の選手ら=高松市総合体育館
【高松―大阪】今季、ホームでの初勝利をあげ喜び合う高松の選手ら=高松市総合体育館

 bjリーグは24日、各地で8カードを行い、高松ファイブアローズは高松市総合体育館で大阪エヴェッサと対戦し、83―81で逆転勝ち。今季ホーム初白星を飾り、通算成績を2勝2敗とした。

 高松は前半、大阪のゾーンディフェンスに苦しみ、最大18点差をつけられた。第3クオーターはファーリーやプライスのインサイド陣の連続得点でリズムをつかみ、スパークスや菊池の3点シュートで1点差に詰め寄った。

 最終クオーターは5ファウルとけがでスパークス、ファーリーが退場したが、高田や竹田を中心とした気迫あふれる守備とルーキー鈴木の要所での得点で勝ちきった。

 高松は次節の11月2、3日、別府・ビーコンプラザで大分ヒートデビルズとの2連戦を行う。

高松2勝2敗 83(17―33)81 大阪3勝1敗
        (23―21)
        (28―15)
        (15―12)
新潟1勝1敗 94(29―10)84 秋田1勝3敗
        (23―25)
        (24―19)
        (18―30)
島根3勝1敗 73(17―10)62 大分1勝3敗
        (18―9)
        (19―16)
        (19―27)
滋賀2勝2敗 93(29―23)89 宮崎1勝3敗
        (11―21)
        (26―24)
        (27―21)
浜松・東三河3勝1敗 75(18―22)61 富山1勝3敗
            (13―10)
            (17―11)
            (27―18)
福岡3勝1敗 82(19―23)76 埼玉1勝3敗
        (16―20)
        (23―16)
        (24―17)
東京1勝1敗 83(19―21)71 仙台3勝1敗
        (18―18)
        (25―19)
        (21―13)
京都3勝1敗 97(22―17)78 沖縄1勝3敗
        (19―22)
        (28―7)
        (28―32)

新人鈴木13得点 控え組奮起
 今季新人ドラフトで加入した鈴木が、新生アローズのホーム初勝利の立役者となった。

 専修大卒業後、ストリートバスケのプロチームで腕を磨いた23歳。前日は無得点と悔しい思いをし、「ミスを恐れず、自分のプレーを出そう」と迎えたホーム第2戦。主力の竹田や喜多が抑えられる中、13得点と開花、「やっとチームの力になれた」と喜んだ。

 最大18点差を1点差まで詰めて迎えた第4クオーター。立ち上がりの速攻に加え、6分過ぎには相手ボールを奪って得点を決め、この日の最優秀選手にも選ばれた。

 今季の高松は「日替わりで活躍する選手が出るのが強み」と竹田。金沢ヘッドコーチも「鈴木、菊池ら控え選手の活躍が大きかった」とたたえた。

 外国人選手を6人抱える大阪に対して、高松は3人。一時は解散の危機にあったチームというイメージもつきまとう。それでも、「それぞれの選手が自分の役割を果たせば十分戦える」。地元ファンにそう思わせてくれる大きな1勝だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.