天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松 初の連勝/バスケットボールbjリーグ

2009/11/22 10:02

【高松ー大分】延長残り2分、高松の竹田が98点目のシュートを決める=高松市総合体育館
【高松ー大分】延長残り2分、高松の竹田が98点目のシュートを決める=高松市総合体育館

 bjリーグは21日、高松市総合体育館などで5カードを行い、西地区の高松ファイブアローズが大分ヒートデビルズを延長戦の末100―94で下し、今季初の2連勝をホームで飾った。通算成績は4勝10敗。京都が敗れたために最下位を脱出、順位を6位に上げた。

 高松は今季初の延長戦。90―90で岡田のスティールから竹田の速攻でリードを奪い、高田、岡田の連続得点で勢いをつけて競り勝った。

 第1クオーターは、オフェンスリバウンドが奪えず19―27と苦しい立ち上がりだったがガーデナーを起点としたパス回しが機能し46―50で折り返した。後半は持ち味の速攻に加え3点シュートで猛追。インサイドでも竹田の体を張ったマークや、最終クオーターを11点に止めるディフェンスもさえ、大分の反撃の芽を摘んだ。

 高松は次節の28、29日に大阪中央体育館で大阪エヴェッサと2連戦する。

高松 100(19―27)94 大分
4勝10敗 (27―23) 5勝7敗
      (28―27)
      (14―11)
      ( 延 長 )
      (12―6)

浜松・東三河 92(15―19)70 富山
10勝1敗    (33―17) 5勝4敗
         (13―16)
         (31―18)

埼玉 74(20―13)67 仙台
5勝8敗 (15―19) 9勝4敗
     (14―14)
     (25―21)

福岡 91(22―18)85 京都
8勝5敗 (18―23) 3勝8敗
     (18―21)
     (33―23)

大阪 74(28―21)73 沖縄
7勝4敗 (18―19) 6勝3敗
     (14―25)
     (14―8)

声援にこたえ、延長制す
 地元ブースターが見守る中で今季初の連勝を飾った高松。ニューマン・ヘッドコーチは「エキサイティングな試合だった。盛り上げてくれたブースターに感謝したい」と初の延長戦を振り返る。

 クオーターを重ねるごとに攻守にリズムが出てきた。迎えた延長戦でも竹田、高田の日本人プレーヤーが活躍。「延長戦でコートに立つのは初めて」という竹田はシュートミスなしの4得点。まずは90―90で岡田のスティールからパスをもらって速攻を決めた。戻りの速さでもひと際目立ち、敵陣からのロングパスを受けて98点目。高田は23分の出場ながら「短い時間でも結果を出す」と全力のプレーで納得の4得点を挙げた。

 両チーム最多となる35得点と存在感を示したエース・ガーデナー。起点となって岡田、竹田の両サイドへとパスを回し「ただ勝つことだけを考えている」と前を向く。竹田も「内外がかみ合ってきた」と上々の連係プレーに手応えを感じたようだ。

 この日京都が敗れ、ついに高松が最下位を脱出し6位に上がった。ニューマン・ヘッドコーチの求めるバスケットにはまだまだ遠いが、この連勝はチームにとって大きな転機になりそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.