天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松が連敗ストップ 2位に浮上/bjリーグ

2009/01/12 09:55

 bjリーグは11日、大阪府立体育会館などで6カードを行った。高松ファイブアローズは大阪エヴェッサを91―65で破り、連敗を「4」で止めた。通算成績は15勝9敗となり大阪と並んだが、得失点差で上回り再び西地区2位に浮上した。

 高松は序盤、竹田のスピードを生かした攻撃からリズムを作ると、岡田、菊池の3点シューも効果的に決まった。第2クオーターも勢いは衰えず前半を40―32で折り返した。

 後半、ジェームス、リーチを軸とした組織的な守りで大阪の大黒柱ワシントンを徹底マーク。ゴール下で仕事をさせず、第3クオーター残り5分16秒まで大阪を無得点に抑えた。攻めては、チーム最高の24得点を奪った岡田と喜多が連続で3点シュートを決めリードを広げた。

 守備の負担が増えたジェームスは8得点。開幕からの連続二けた得点は「23」で止まった。

 高松は次節の17、18日、高松市総合体育館に西地区5位のライジング福岡を迎え、今年初のホームゲームを行う。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.