天気予報を見る
 
新聞購読申込

「不自然な状況改善」日本協会入り要望/bjリーグ

2008/12/18 09:26

 バスケットボール男子で日本協会傘下の日本リーグ機構(JBL)と、別組織のbjリーグの幹部らが今後のあり方を検討する第1回委員会が17日、東京都内で行われ、bjリーグの河内敏光コミッショナーは互いの共栄を目指して「日本協会に入りたい」と傘下に入ることを要望した。

 河内コミッショナーは、2リーグの連携や統合を模索する前段階として、日本協会の下に入るのが先と主張した。しかし、JBLの伊藤善文専務理事は「トップリーグはJBL」と力量差を強調し、交流戦の実施などにも難色を示した。

 bjはJBLの前身から脱退したチームを中心に結成されて4季目を迎えた。日本協会主催の大会に出場できず、日本代表もいない。bjの関係者は傘下に入ることで「ファンの目から見ても不自然な状況を改善していきたい」と説明した。

 この委員会は今後、作業部会で両リーグの組織形態を調査する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.