天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松は4連勝/バスケットボールbjリーグ

2008/12/07 10:04

【高松―富山】第3クオーター、高松の岡田が素早いドリブルで相手DFを突破し、ゴール下へ向かう=丸亀市民体育館
【高松―富山】第3クオーター、高松の岡田が素早いドリブルで相手DFを突破し、ゴール下へ向かう=丸亀市民体育館

 bjリーグは6日、丸亀市民体育館などで6カードを行い、西地区2位の高松ファイブアローズは東地区6位の富山グラウジーズに100―86で快勝し、今季2度目の4連勝をマークした。通算成績を9勝4敗とし西地区2位をキープした。

 高松は第1クオーター、今季初の先発となったソジャナーやジェームスの高さを生かした攻撃で富山を圧倒。リバウンドからの速攻も決まり、得意のハイスコアの展開に持ち込んだ。

 49―46で迎えた第3クオーターは、岡田が好アシストを連発。自らも2本連続でシュートを決めるなど流れを引き寄せ、一気に14点を奪いリードを広げた。最終クオーターに入っても攻撃の手を緩めず、残り2秒に井上が2本のフリースローを冷静に決めて2試合連続の100点ゲームを達成した。

高  松 100―86 富  山
9勝4敗       3勝10敗

福  岡 82―77 浜松・東
6勝9敗       三河
           6勝9敗

滋  賀 80―71 仙  台
8勝8敗       8勝8敗

東  京 99―79 大  分
9勝4敗       4勝11敗

埼  玉 83―66 大  阪
9勝6敗       9勝6敗

沖  縄 88―80 新  潟
12勝3敗      4勝9敗

富山圧倒2位キープ 岡田100点ゲーム演出
 ナイスパスとターンオーバーは紙一重といわれる司令塔。不振の富山に対し3点リードで迎えた苦しい後半、岡田が好アシストを連発し今季ホーム初の100点ゲームを演出した。

 本来は外から積極的にシュートを放つプレースタイルだが、相手の守りに合わせ司令塔の役割も担う。スパークスに敵の守りが集中した中盤、「自分がボールを持つことでフリーの選手ができる」と状況判断した岡田。ゴール下のジェームス、ソジャナーへのパスで得点を演出すると、自らの武器である3点シュートも冷静に決めチームに流れを引き寄せた。

 「岡田が打つのか、ボールを回すのか」という攻撃の選択肢が増えた高松は、第3クオーターに31点を奪い快勝。岡田のポジションに入ったスパークスも4試合連続で10得点以上をマークするなどチームには明るい材料がそろう。

 「100点ゲームは関係ない。明日の試合に集中するだけ」と岡田。10本のアシストをマークした日本人エースに油断はない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.