天気予報を見る
 
新聞購読申込

好調高松、首位大阪に連勝−バスケbjリーグ

2007/02/12 09:32

【高松ファイブアローズ―大阪エヴェッサ】第3クオーター、高松のウォーレンがダンクシュートを決め、63点目を挙げる=丸亀市民体育館
【高松ファイブアローズ―大阪エヴェッサ】第3クオーター、高松のウォーレンがダンクシュートを決め、63点目を挙げる=丸亀市民体育館

 bjリーグは11日、香川県丸亀市金倉町の丸亀市民体育館ほかで4カードを行った。3位の高松ファイブアローズは首位の大阪エヴェッサに84―69で快勝、3度目の4連勝を飾った。通算成績は16勝10敗。2位の新潟アルビレックスBBが敗れたため、勝敗数で並んだが、得失点差で3位にとどまった。

 好調の高松は第2クオーター、出足の鋭いマンツーマンディフェンスでリズムをつくった。相手のミスを誘い、逆にウォーレンの3本連続ゴールなどで44―35、一気に引き離した。後半も要所で中川、スパークスの3点シュートやアシュビーのゴール下からのシュートが決まり、大阪につけ入るスキを与えなかった。

ウォーレン豪快ダンク 高松、プレーオフ進出へ手応え 
 高松の勢いが止まらない。首位の大阪をあっさり連破して3度目の4連勝。ただ、過去の2度に比べ、チームには何とも言えない充実感があふれている。青木ヘッドコーチも「追いつかれそうな場面でも我慢できるようになった」とにっこり。目標に掲げるプレーオフ進出(上位4チーム)へ自信をのぞかせた。

 日替わりでヒーローが誕生している。この日の主役となったのはウォーレン。35―30と張り合っていた第2クオーター残り3分、ゴール下から3本連続でシュートをねじ込み、一気に点差を広げた。

 後半も豪快なダンクシュートでチームを鼓舞。終わってみれば20得点、13リバウンドの活躍に「上位に上がるために絶対に落とせない試合。求められたことはできた」と胸を張った。

 ホームでは過去最多となる2428人の観客が見守る中での勝利。青木コーチは気分を良くしながら「次の新潟戦で2つ勝って、またホームに帰ってきたい」と気持ちを引き締めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.